トップページ 商品一覧 買い物かご 支払い・送料 会社概要 shops.net

信州人の活力源

信州の珍味としての「蜂の子」は、嫌いな人には「ゲテモノ」好きな人には「珍味」「滋養強壮食」として知られています。
蜂の子とはミツバチ(オス蜂)の子供のことです。
蜂の子は栄養のあるローヤルゼリーやハチミツ、花粉などを食べて育ち、
ミツバチの子が、一度自分の体に取り込むことによって凝縮され、より私たちの体に吸収されやすい状態のものとなります。

蜂の子の主成分はアミノ酸です。
全9種類の必須アミノ酸のほか、ビタミン類、カルシウム、鉄などがバランスよく含まれています。
最近ではアンチエイジング素材として、人気が上昇しています。


中国の神農本草経によると、2000年以上前から最高級の滋養強壮食品と、されていました。</font>

FB

蜂の子甘露煮 60g

価格: 1,540円

(本体1,400円・消費税140円・送料別)

個数: